CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
プロフィール
ポチと
SOUL'd OUTはJ-POPだ!

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ

ロックだ!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

いや、やっぱりHIPHOPだ!

にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ

Diggyがロックだというのならロックなのです!

こちらもどうぞ↓

人気ブログランキングへ
最新の記事
カテゴリー
最近のコメント
カウンター
無料カウンター
アーカイブ
お気に入り商品
メールフォーム
OTHERS
SPONSORED LINKS

なにはなくともSOUL'd OUTだろ?

こよなくSOUL'd OUTを愛するブログ。解散したって彼らはずっとCruの心の中に。でもやっぱ淋しいんでこの場にて発散致します。そうです、ただの自己満足です。

注:ライブレポは思いっきりネタバレしてますので要注意です
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
Diggy-MO' LIVE 2014 "DIG IT" @渋谷O-EAST ライブレポ前
行ってきましたよ!!
Diggyパイセンの門出ライブ!




つーーーーか、まじで行けたことが驚きだーーーーー!!!!!←そこ


とりあえず、はいセトリ。
例のごとく公式まんまコピーです。

01. Un deux trois
02. Heartache Jive
03. ビヨルン
04. Drifting Away
05. La La FUN
06. UNCHAIN
07. PSYCHE PSYCHE
08. and 7
09. Sweet Grrl パイセン
10. hurtt feat. 大神:OHGA
11. COME ON feat. 大神:OHGA+JQ
12. Bayside Serenade
13. ZAZA
14. Sticky 69
15. Wardrobe #6
16. ToMiTaMi ToMiTaMo
17. Blue World
18. サムライズム
19. 爆走夢歌
20. Lovin' Junk
21. STAY BEAUTIFUL

EN1. ノンシャランにゆけば feat. SHEILA
EN2. 首都高2
EN3. JUVES
EN4. ONE VOW


Blue Worldを完全にNew Worldと聴き間違え、
Diggyさんたら新しい世界に飛び込んで行くのね・・・決意の歌なのね!
と壮大に勘違いしてたのはこの私です。


まーand7が始まった時は、正直。



???
あれ?????なんだっけ?
Diggyさんの曲だっけコレ?????

でした。←どんだけ


なんつーか不意打ち過ぎて頭が追いつかなかったという感じに近い感じ。

斜め前にいた男の子達が「ヤベー!!」って言ってて
ヤベー??って?
とか思ってると横の友達が
「これSOUL'd OUTの曲だよね?」



で、初めて理解したというwww

一瞬頭真っ白になったけど、そして同時に色々考えたけど
まじで聴けてよかった!!!

うおー!まじかDiggyちゃんまじですかー!粋すぎるー!!
と私自身は激アツになりつつも、どこかで冷静に

これは・・・批判したり拒否したりする人出てくるなww

と思い、周りの様子を伺ってみる。

しかしながら会場ではほぼみんながぐいぐいにテンション上がってたなw

なんというか、全体を通して一体感がすごくあったライブだったように感じた。






これからも迷いなくDiggyパイセンについて行きます。



いつもながらのどうでもいいライブ中の私レポは次の記事で書き・・・書けるかな・・・

| SOUL'd OUTライブ | comments(0) | - |
LAST LIVE “0 ” 2014/7/19 @新木場 STUDIO COAST ライブレポ5
毎日暑いね〜!

つーかすでにラストライブから1週間経っている!!
もうすでに色々忘れかけてるから早く書かなきゃ


スマホからこのFC2にコメントする時
広告が死ぬほど邪魔なんだけど
クレーム付けていい?



まーそんなことはどうでもいい。
このレポで最後まで突っ走るぜ!!!





31.Dream Drive

確か、またDiggyさん言った。
俺たちの青春だったかなんか。
いや待てよ、みんなの歌だぜ?
うーん忘れたけどなんかそんなようなことを言ってた。

新宿の時も、俺たちの青春だぜ!って言ってたから
帰ってドリドラのPVを観た。
ほんとにみんな若くって、楽しそうだった。

若いっていうのはそれだけで無敵なんだよ
もちろん色んな人がいるだろうけど
そういう物理的な目に見えるものじゃなくて
ほんとにそう感じる。

自分がほんとに若い頃には考えもしなかった。
もっとなんか色々できたんじゃないかなあと今になって思うけど
あの時はあの時で誰にこれを言われても
何にも私は変わらなかっただろうし
まーそれが青春だよ

それこそが若さだ!


でもそう考えるとSOは若い頃から
それがよく見えてた気がする

今しかできない、今しか楽しめない今を
それをわかってる上で楽しんでるというかなんというか
歌詞にもそういうのが多々見受けられるし

フロントマンのDiggyさんの言葉の影響だろうけど
SOにはちょっと儚い感じがずっとなんとなく漂ってるように私が感じてたのは
まーそういうところから来てたのかも、、

叶わないのが夢だなんてさー
果てを感じるとかさー
すぐそばにあるのに手が届かないとかさー
そんなこと言わないでよDiggyさん!

わかってんだよ、わかってるからさーーー(p_-)



でもさ、ドリドラを歌う時って
あの頃に戻れてるのかもしれんね

俺たちの青春!って必ず言うとか
やっぱり楽しそうだしさ


この曲あたりからだっけ??
全然忘れたけど最後の方は曲と曲の間隔が空いて
無音の時間が結構あった。
無音っつってもずーーーーーっとCruの誰かが
声を掛けてたから無音じゃないけど。

大体が名前を普通に叫ぶものだったけど
中にはちょっと笑えるのもあったなw

誰のか忘れたけど名前をずっと連呼してる男がいて
そんなに好きなのかなぁと思っていたら
最後は何故か疑問形で終わったww
しんちゃん!!しんちゃん!!!しんちゃん!!・・・しんちゃん?!
みたいな。


そんな感じで1階フロアは
曲間もなかなか温かい空気が漂ってたように私は感じた。



32.To All Tha Dreamers

この曲に入る前になんかDiggyさんが言った気がするんだけども思い出せない・・・
言ってなかったのかな?

なんせもう1週間経っててウロ覚えもいいとこです。

だから早く書けと・・・

曲名言っただけだっけなーーーー


もうこのあたりになると
いよいよ最後が迫ってるって空気が漂い出した。
この曲がくるってことはそういうことだから
もう最後の時が迫っている。

なんてゆーか一言でいうと、
この曲のイントロが流れた時の感想は





ついに来ちゃった(°_°)


だ。



さて、このTATDだけど
このPVを観て初めてSOに興味を持ちました。

前述の通り、そーるどあうと苦手だわ〜となんとなく思ってきた私だけど
妹が実は隠れSO好きだったらしく、
PVを一緒に見た時、
あれ?なんかかっこいい・・・もう一回みせてー
となりました。

あとはもう転がり落ちるだけですよ!!
転落っつーかもう滑落だよ!!!

んで好きでしょうがなくなって
1人でオートメッセのイベントに行ったのが全ての始まりだったよ。

もう一言でいうと





人生の転機来ちゃってたわ(°_°)


だ。

↑しつこい


しかもオートメッセでは前から2列目くらいのど真ん中で見てしまったもんだから
そのインパクトたるや凄まじく
もう深みにハマらない方がおかしいと思うね。

確かその時もTATDは歌ってた気がする。


あの時に聴いた時の気持ちと
今、このラストライブでTATDを聴いている私の気持ちの違いはどうだ。

あの頃のワクワク感は今でも忘れ難い。

それが今はこんなことになっちゃったわけですよ


でもさでもさーーーーー
今でもやっぱりTATDはワクワクするんだよなーーー(;_;)


もーほんとよく考えたら
To All Tha Dreamersってなんて秀逸な曲名なの!!
ありがとう!って言わずにはいれなかったわ。まじで。




33.GASOLINE

がそりんー!!!ってDiggyさんが言って始まった気がする



気がする気がするでほんとレポになってなくて申し訳ない・・・

見えなかったんだけど
Diggyさん相当がなってたので
やっぱり最後のところの
おーいえー!!の所で後ろに倒れたっぽい??
膝ついてたのかな??
ちょっとの間見えなくなってたから
たぶんそうだと思う。

でさ、まぁやっぱり思うよね、




まさか再び帽子取れたり・・・?!



なんてことはなかったけどねw


つーかGASOLINEだよ?!
これ聴きながら冷静にモノなんて考えられないー\(^o^)/




しかしDiggyが見えなくなった時だけは帽子が気になって仕方なかった・・・


今となっては\(^o^)/とかいう顔文字使えるけど
実際この時の私に1番近いのは



(°▽°)

だ。

まさに瞳孔が開いている状態。

なんかもー私なんかがどう思おうが
時間は進むし終わるもんは終わるし
楽しむだけ楽しんでやる!!!
と思ってました。


たぶんガソリンでは終わらない、
最後はたぶんDear My Cruだ。












GASOLINEが終わったらすっっっごい長い間隔があった。

Diggyさんがシンノスケあたりのところに行って
後ろを向いてじーーーっとしてる。

その間中、ずーーーーーーーーーっと
観客から声援が飛んでた。


ずっとCruだ!って言う人がいたり
ありがとうって言う人がいたり。

SOUL'd OUTコールが手拍子と共に起こったのもここだっけな

これはよかった。

あ、そういやマイクがどこぞのファンの泣き声をちょっと拾ってて
ちょっとこれは嫌だwと思ったわ



しばらーくしてから
Diggyさんが真ん中に戻ってきて
ありがとうって言った




ような気がする←最悪





それからDiggyさんが
最高のラブソングだぜ的なことを言って




34.Dear My Cru

うん。

こんなに真剣に手を挙げたのは初めてだったと思う。

この曲については多くは語れない。

曲としていいとか悪いとかそんな次元の曲ではないし


曲?
いや曲なんだけど曲として聴こえないというか認識してないというか
ってこんなこと言ったらSOが怒るかもしれんけど

でもscribblesよりも詩的というか
手紙みたいだよね。


なくなってしまうことがこんなに悲しいのに
実は涙はこれまで全然出てなかった。

それよりもやっぱライブは楽しいし
ありがとうっていう気持ちの方が大きいし
泣くよりもSOUL'd OUTってものを目に焼き付けようと思った。


私はここに、私のSOUL'd OUTにケリを付けるために来たかった。
じゃないと何かが中途半端なまま終わってしまう気がして
だからずっとちゃんと3人を見てた。



長い長い最後のアウトロだった。

皆ずっと手を挙げたまま固まってたら
3人の頭上からスモークが下りてきて3人を包み込んだ。

あーこの隙に消えるという演出なんだねーなるほどねー
とまだ冷静に考える余裕があった私(ーー)/


その通り、煙が晴れたら3人は消えてた。













淋しいエンディングを用意してくれるわ(。-_-。)
SOUL'd OUTありがと・・・



と余韻に浸ろうとしたのも束の間、
ソッコーでハレロコールが始まってしまった!!
もうちょっと余韻てもんがあんだろー!!

誰だよあんなに早くコール始めた前の方の男。


で、そのまま最後までいつも通りのグダグダで揃わないコールが・・・w

なんかわざとズラしてんのか?
ってくらい揃ってなかったので私はとりあえず手だけ叩いてました。




そんなに長い間ではなかったと思う。

まずshinnosukeが最初に出てきた。
一瞬なにか喋る?!
という動きをしたように思ったけどやっぱり喋らなかった。

で、HiさんDiggyさんが出てきた。



うーーーんなんか喋ったかなぁーー
ありがとう、と題名くらい言ったんだっけなーーーーーー



あーもう完全に忘れた(; ̄ェ ̄)




アンコール

1.GROWN KIDZ

すっごい懐かしい、なんか!!
これ歌ってくれないかなーと期待してたから嬉しい!

特別この曲が好きというわけではないんだけど
前の会社を辞めて、新しいことを始めるまでの期間によく聴いてたからとても印象深い。


いうなれば、この会社を辞めた時っていうのが私の転機だった。


まあね、私はSOのおかげで今があるんだー!って言ってるけど本当は、
前と比べて今が特別最高かと言われれば
別にそんなことはないけど、と答える。

前の仕事のままで大阪にいても
それはそれで他に楽しいこともたくさんあっただろうし
大阪が大好きだから別に東京になんて来たくもなかった。


でもやってみたかった。
自分で自分の人生ってどこまで変えられるのか。
それまで結構流されてきたからなー

今、やりたかった仕事に近いことができてるのも
その時、よしがんばるぞコノヤロー!!!!
って思えたからであって、
そう思えるような活力はSOの音楽からもらったものだと思う。


だって前会社に辞めたいって言うの
マジで心臓飛び出そうなくらい緊張したんだもんww
色んな事情がありまして、超言いづらかった。

今日言うぞ今日言うぞで3日くらいかかったw

実際SOUL'd OUT聴いて
やっぱ言う!って思ったんだよなーー


で、実際辞めてからはこのGROWN KIDZで!
全く新しい世界に突入!って感じだった。

SOUL'd OUT、ありがとう。
ほんとにありがとうございました。

って呪文みたいに心の中で唱えた。



2.SUPERFEEL

あ!これこれ!
これ歌ってなかったねそういえば!!
が第一の感想w
まだどことなく余裕ある私。

アンコールは3曲だろう・・・
最後は予想通りスタライだ。


つーかこの曲、そしてユニソン、
まさに今のSOの魂が込もってる。

なんかもーこのあたりなんか全部ラブソングじゃないの?!
応援ソングなんてそんな生易しいもんじゃないのでは??

やばいやばいなんかDiggyさん風に言うとFEELしちゃいすぎてやばいことになってる私!!
そのふぃーるが正確にふぃーれてるのかはまぁ置いといて


ありがとう
SOUL'd OUTほんとに今までありがとう





って何回言うねん









たぶん残すところは1曲。

Diggyさんが話し出した。

以下は私の乏しい記憶力で覚えてる限りなので
多々表現が違うところもあるかと思いますが、そこは勘弁してください!
正しくは秋発売のDVDで!



今まで支えてくれたスタッフ、
そして身近な人たち。ありがとう。

決して短くない11年半だったから腐る程の出会いはあったけど、
ずっと寄り添ってくれた心ある人達、ありがとう。

そしてなによりCruのみんな、ほんとにありがとう。

今までの人生でこんなに実感できたことはなかったです(?
SOUL'd OUTにこだわって貫いて走り続けた11年間でした(?
貫いたが故に得たものもあるし、失ったものもあります(?

くだらないリップサービスとか好きじゃないし、愛とか言いたくないけど、
特にここ5、6年はどこでいつライブをやってもみんなの愛に包まれてることを感じました(?

これからは3人それぞれ、それぞれの道を歩いて行きます(?

ありがとう(?

じゃあ最後、すたーらいとですてにー!!!




とかなんとかそんな雰囲気だというだけだけど、こんなようなことをポツポツと言ってました。
やたら敬語で丁寧だったのが印象的です。

新宿の時もそうだったなぁ。。
なんかの時も感無量ですとかなんとかすごい丁寧な言い方をしてたことがあって
まぁ本当は丁寧でちゃんとした人なんだろうなぁと思ったのを覚えてます。


もう出ない言葉を絞り出すようで
間がすごい空いてるところもありました。

その間に観客からちょっとそれは微妙!!
と思わず思ってしまうような言葉が飛んだりしつつ。
例によって再びマイクが女子の泣き声を超拾ってたり。


私はというと舞台のそんな様子を見つつもやっぱり涙は出ませんでした。

悔しそうだなあDiggy・・・
とか
あー、ここ5、6年はファンの愛を感じてたってことは
私がALIVEの時に思ってたことは
あながち間違いじゃなかったのかなぁ
とか
ちょっと考えてたけど

もうここまできたら
SOUL'd OUTにはやっぱりありがとう、しかない。


最後の1曲、ちゃんと目に焼き付けておく!
と思ってラストに臨む。




3.Starlight Destiny

イントロが始まり、いつものところで期待通りに金テープがパーン!!ってなったよ!

私のところには降ってこなかったけど
妹がゲットしたやつを1本渡してくれたのでそれを持って手を上げる。


そしたらすっっっっごい急に涙が出てきた。

それまでこんなに溜まってたんかと思うほど
ボロボロ自然に出てきた。

まさか自分がこんな泣き方するとは思わなかった!

一緒にサビとか歌ってんだけど
もう声のでない私は泣き叫び状態www


もう全然止まらん!
タオルで口元覆って
うええええ(つД`)ノってやってたら
ほんとに真っ正面にDiggyさんがやってきた。

前の人の手に邪魔されることなく
丁度間からDiggyさんがスッカーンと見えてる。

確実にこっちらへん見てる。
やばい。泣いてるのがDiggyさんの視界にもし入ってしまったら申し訳ない
とかなんとか意味不明なこと思って泣くのやめようとしても無駄すぎました。

つーか泣いてるの私だけなわけじゃないんだからそんなこと気にする必要全くなしだし
そもそもこんくらい後ろじゃ私からは見えてるけど
視界にすら入らんだろうということも考えられんくらいの脳と涙腺の崩壊っぷり(°_°)


珍しく詰まるHiさん。
そんな、Hiさん〜〜〜(T ^ T)



それから
かけがえのないものほどすぐそばにあるものさ

の後のところ。

どこぞでは、お前らのことだぞ!だったらしいけど、
このラストの新木場では、

「おまえらぁぁぁーーーーー!!!!!」

って少し枯れた声でDiggyさん超叫んだ。

これはちょっとなかなか忘れられないくらいに痺れた。


これ聞いて、より一層ぼっろーん!!って涙が出てきて、自然に全く意識せずに

「うぅ〜〜!Diggy〜(つДT)」
って呟いてた私。

今冷静に考えると相当ヤバイ奴になってたような気がする。




Diggyさんの、これが魂の叫びかと思うほどの
きらめいてるー!!!が最後を締めくくる。










終わった。

ありがとうって叫んだ。



舞台の中心に3人が集まった。

そこにスポットライトが当たったかと思ったら
その瞬間、白い幕がスパンッと落ちた。

固まる観客たち。




そしたらscribblesのDiggyさんの朗読?の音源が流れ出した。

白い幕に文字が映し出されて

これなかなかによかった。
白い薄い布がちょっとユラユラしてて
そこにユラユラと文字が浮かんで。
かなり綺麗だ。と私は思った。


必ずお前を迎えに行く

で終わってそのまま音源でDear My CruがCDと同じように流れる。


周りはシーンとしている。
私はというと完全にボーゼン



で、Dear My Cruの途中くらいで
飽きt・・・我に返った私はチラリと妹を見る。




どうする?もう出るか?
きっと帰りはロッカーあたりが混み合い出す。どうする?出るなら今か?!


なんて急に正気ww


まぁ最後だし最後までいるか、ということで終わるまでフロアにいました。

曲が終わって、フロアが明るくなったと同時に急いで出た←これが現実




この演出にはちょびっと賛否あるらしいけど
私にはすげーよかったかも。
アンコール前のコールの余韻のなさが繰り返されなくて。

エンディングってものをしっかり取ってくれたお陰で
ちゃんと自分だけで余韻に浸ることが出来た。
あれがなかったら終わらないSOコールが起こってたかもしれんし。
たぶんどんだけ呼んでも出てくれないと思うし、それがわかってるのにやるのも淋しいじゃない。


最後までDiggyさんしか喋らなかったのは
相当ーーーーに気になるけど

でもまぁShinが喋るとなったら
彼は謝ることになってたかもしれんからそれはそれでいいのかと思ったり。
そんなん聞きたくないし謝ることじゃないと思うし。

となるとHiさんが喋ってShinが喋らないのも変だしなぁ。

まーSOUL'd OUTとして最後までいつも通りのスタイルでってことなだけかもしれんし

本当はもうかなり仲違いしてて
仲良く話すどころの話じゃないってだけかもしれんしってこれだけは考えたくないけど


とかまぁ色んな妄想は尽きないけど
Diggyさんだけが喋って2人の言葉は聞けなかったっていうのだけが私達にとっての現実だしそれは仕方ない。

ま、聞きたかったけどね。
正直そこだけは残念。


でも11年間のSOUL'd OUT劇場は見事に幕を下ろしたと感じた。

最後にアルバム出してくれて
ツアーもやってくれて
きちっとラストライブもやってくれて
これ以上望むことなんてないってくらい
Cruのためにもちゃんとお別れしてくれた。




やっぱりSOUL'd OUTは裏切らない。

裏切らないなんて自分のことみたいだ。
自分だけは自分を裏切らない。




まさにI am-are you!!




誰が上手いこと言えと


あと絶対に裏切らないものなんて神様くらいだw





??まとめ??

SOUL'd OUTは私にとって、まさに私自身でした。



というのはいささか飛躍しすぎて
コイツなんかの病気かと思われるので
ちょっと置いといて。







いやーーSOUL'd OUT、
大ッッッ好きだったよ!!!!





以上!


| SOUL'd OUTライブ | comments(6) | - |
LAST LIVE “0 ” 2014/7/19 @新木場 STUDIO COAST ライブレポ4

なっかなか終わらないレポ続き!

未だかつてこんなにレポが長引いたことはない(p_-)

しかしレポを上げ出してから数日、
このブログにアクセスしてくれてる方々がおられる様子!

こんなクソレポを待っててくれる方が!
2人くらいいるのかもしれない。

自分のためにも書くぞーーー!




21.Hoochie Coo Baby

私の周りでは、この曲が全編通して1番盛り上がりに欠けてた・・・

レスポンスしてた人全然いなかったなあ
数人だけ手を挙げてた?くらい。

私と妹がフーチークー!フーチークー!
とか言ってるのが耳についたのか
前の男が数回チラチラ見てきてたような気がする。

この曲でも盛り上がってたところ、
前の方以外であったのかなあ?
てゆーか最後だぜ!!
盛り上がっとこうよー!!!



22.MARTIAN MARTIAN

この曲はそこそこ盛り上がってたw
なんで同じアルバム曲でこんなに差があるの?

つーかなんてかっこいいの!!!
バンドのマーシャン超かっこいい!!
まーDVDで確認してよ!



しかしアレだな、SOUL'd OUTの皆様の動きを覚えてないから
私の思ったことを書くしかないんだけど
ニューアルバムにはまだそんなに思い出とかエピソードがないから
特に書くこともが何もないな(°_°)



23.Flyte Tyme

きたぁあーーーーーーーーー!
ここでフライトタイム!!!?
と妹と会話。

いやぁ突然の懐メロ←

ほんと懐メロかと思ってしまうぐらい
聴きまくったこの曲。

飛べ飛ぶなら飛ぶとき飛ぼう!
が好きなんだよなーーー

SOUL'd OUTを好きになってからしばらくは
この曲が1番好きでした。



24.Sweet Grrl パイセン

つーかパイセンが生で聴きたくて聴きたくて!!!
全編通してパイセンが1番かっこよくて楽しくて最高だったかもしれん!!

バンドでのパイセンとか最高に楽しすぎました。
Diggyさんと一緒に
ん〜パイセン!!!って叫んで
サビ一緒に歌って。

例によって最後のサビはDiggyさん裏声じゃなくて普通に歌ってました。






この方がかっこいーーー←言ってしまった


なんかもうこれが生で聴けないって考えただけで辛い
まだ辛い(T ^ T)

この時、こんなにかっこよくて楽しくて
クセになるようなすんごい曲作るのに
本当に解散してしまうの?と
思って舞台見てた。



25.SUCK MY ART

To Fromで私がパイセンと同じくらい大好きなSUCKきたー!!!
やったー!!!!

いやこの曲マジでかっこいい

パイセンとは違う種類のかっこよさ!!
あまりにかっこよすぎて
またぼんやりしてたわw

好きだー!
本当にかいさry



26.ALIVE

ALIVEね・・・
なんかラストライブでこれ聴くの辛いよね・・・

その昔、この曲の英語の部分を訳して遊んでたんだけど、
すんげーかっこいいこと言ってる。

で、よくyouがどうのこうのって言ってるんだけども
この時、色んなインタビューとか読んだりしてた結果
このyouは、Diggyの仲間たちのことだと私の脳内では訳された。

当時の彼がなんかの雑誌で言ってたのは
印象深かった。
まぁちょっとかいつまむけど
ファンがどうこうよりも自分の仲間が大事とか
わかってもらおうなんて思わない、それでもわかるやつだけ来い!
みたいな。
あと、自分がいかに楽しむかが大事、
もよく言ってたなぁ。
生きてる実感は今も言ってるけど

そんな別に言わなくていいこと言っちゃって
Diggyさん真っ直ぐで素敵とか思ってた。

なので、このALIVEのyouは
実際の彼の仲間に向けたメッセージだと思っていた。


ところがどうだ、ここ数年の彼の変わりようは!

まー当然根底にあるものは変わらないと思う。
けど明らかに変わったという印象を受ける。

私の感覚ではATTITUDEあたりからかな?
正確には活動休止前くらい?

誰も自分のためになんて頑張れないとか
人は捧げてる時がいいとか
そんなこと以前のDiggyさんから出てくるなんてちょっと
か ん が え ら れ な い

やたらCruのことを大事にしてくれてるなぁと
感じ始めたのもこのあたりからだ。
今や「こんなにファンのことを本当に大事にしてくれるアーティストが他にいるのか!」レベルではありませんか!

というわけで、このALIVE、
昔と今じゃ全然違って聴こえる。

この歌詞のyouを私達に置き換えると
めっちゃくちゃ痺れる。
ただでさえ素敵さ爆発なのに!!


とかなんとか言って、完全に私の超個人的妄想なだけで
実際は見当外れも甚だしいとか全くありえるw


でもほんとにいつからこんなにCruに向けて発信してくれてると感じるようになったのか

Diggyさんは今も昔もわかるやつだけわかってくれればいいってスタンスは変わらないし、そう言うけど
もっともっとわかってくれ!っていうのが
昔なんかと比べものにならないくらい強く伝わってくる


活動11年半、SOUL'd OUTが
小僧から大人になるには充分な時間だろうしなぁ

だってさー武道館の頃とか
今の私くらいか歳下くらいじゃない?!

その間に家族だって出来ただろうし
守るものも怖いものも増えたんだろう、、
ほんとに自分にとって大事なものを
取捨選択したりさ

そんなこんなでALIVEを聴くと
ちょっと複雑な気持ちに勝手になる
っつーかそもそもの私の解釈が間違ってたら
私、妄想超乙ww



で、最後のDiggyさんの語り?の部分、
勝手にCruに言ってると脳内補完して堪能しました。
ラスト堪能(T ^ T)

3ピースを掲げるCruの腕に囲まれて見える3人、現実味がないくらい近くて遠かった。。。




27.BLUES

きょうはじめてきみのかおぉちゃんとみたきがしたあー!!!!!!

ラブ!!


バラードってさ、手も挙げずにじっと聴いてるのが正解なの?
それともずっと微動だにせず挙げてるのが正解なの??

答えが未だにわからない(*_*)

もうここは、と思って私は微動だにせず
直立でDiggyさんを眺めてましたよ。

前の人達も手を挙げてない人が多かったから
上半身がはっきり見えてた。

こういう曲調ってこれだけだよね?
イルカと同じくレア曲というイメージ。



28.Love, Peace & Soul

あーこれは曲を聴くとまずPVを思い出す。
やたら笑顔でさあ・・・
あの頃はよかったよねって空気がムンムン

私はというと大学生くらいか。
まだSOUL'd OUTが好きになる前。



あ!

なんか私の人生、SOUL'd OUT前とSOUL'd OUT後で分けれることに今気付いた!!

何このキリストが生まれる前と後みたいなw

神か、そうなのか



あーLPSの話?
なんだっけ・・・



29.MEGALOPOLIS PATROL

何っっっっ回も言ってるけど
メガロタンテコズトラ3作品の中で最も好きだ!!

武道館は行ってないんだけど
そのDVDで初めて聴いた時は衝撃だった

何が衝撃だったって・・・
何がだろう(°_°)


DiggyとHiの掛け合いなんて最高だし
他の2つに比べて中毒性はないけど
安定してる感じ?

うーん違う。
なんつーか好きって説明できない。
ライブのテンポ早いのなんかめっちゃくちゃかっこいい!


こうやって掛け合いを見るのも最後なのか

Diggyさんのソロを見る機会はこれからもあるような気がする
しかしそこにHiさんはいない・・・



嫌だあぁぁぁぁあああ!
そんなバカな・・・!
現実を受け入れられない!!


うぅ
でもメガポリかっこいい(T ^ T)



30.ウェカピポ

やっぱりこの曲聴くと彼らは天才かと思う。
だってこんなにライブで盛り上がるなんてすっごいじゃないかー!!


前もなんかの記事に書いたような気がするけど
私とSOUL'd OUTの初出会いはウェカピポでした。

今でも覚えてる、
大学1年の頃でウェカピポがかなり流行ってた。

その時の彼氏がウェカピポが大好きで
無理矢理聴かされたのが記憶に新しいw

初めて聴いた感想は、
何言ってるか全然わかんない
変な声
だった・・・

彼はB系だったので、当時のDiggyさんに憧れており
めっちゃかっこいいねんで!!と何回も聞かされ、
しかも無理矢理に何回もウェカピポを聴かされた挙句、
携帯の壁紙をSOUL'd OUTの画像にされる(変えると怒る)という押し付けられっぷりで
すっかり嫌いになった←

彼はただの流行り好きの男だったので
SOはそれ以来聴いていないそうだ。


そんなSOUL'd OUTに4年後ハマるなんて思いもしなかった。
今思うと、そうやって彼氏とあーだこーだとつまらんことで揉めてたこの時代こそ私の青春だったんだろう。

高校から大学とずっと運動部で、
サークルに入って遊んだりコンパしたり
そういう生活は一切してこなかったというのがまた
まさに健全な青春を絵に描いたような生活だったような気がする。


だけど、このSOUL'd OUT前ではなく
SOUL'd OUT後こそが私の青春だっなあと感じるのは何故でしょ

ただの錯覚?







まだ続く


| SOUL'd OUTライブ | comments(2) | - |
LAST LIVE “0 ” 2014/7/19 @新木場 STUDIO COAST ライブレポ3
続き。

ほんとに恐ろしい程にライブレポじゃないw
まーDVD出るからいいよね。

これは「私のSOUL'd OUTラストレポ」だー!!



11.COZMIC TRAVEL

ちゃちゃっちゃちゃっちゃちゃっちゃちゃっちゃっちゃー
ってゆー曲が流れると共に
うおー!きたー!!って叫ぶのが定番になっている!


だがしかしこの辺からちょいちょいぼんやりしだす私(ぇ

手も振って一緒に歌ってるはずが
舞台を穴が空くほどに見つめ過ぎて
いつの間にかクリストファーコロンブス!!のところになってて
言いそびれるとか。

今までだったらありえない。
この(謎だけど)クリストファーコロンブスを叫ぶのがメインなこの曲でそれを言い忘れるとか。

いつも通りコズトラは楽しいけど
やっぱり最後だってことは
ずっと頭から離れない。



12.輪舞曲

おおお?!
これ私ライブで聴くの初めてかもしんない!
なっつかしいな〜〜
私のiPodではあんまり再生されない曲だから
久しぶりに聴いた!

SOのファンでもないのに
何故か知ってる人が多い謎な曲w

初めてアルバムで聴いた時、
めずらしく日本語の曲だ・・・
と思ったのだけしか覚えてない


以上!



13.円卓の騎士

う・・・
あ〜そういえば歌ってた!←最悪
私の得意の「なんだっけなーこの曲」が
出てしまいました。
従ってフワ〜っとしか曲について行けず、
ぼーっと舞台を見てたにもかかわらず
やっぱり3人がどういう感じで何をしてたかは
さっぱり覚えてない


ま、まーDVDで確認しましょーよ!←何回言うのか



14.SHUFFLE DAYZ

これSHUFFLE DAYZだったよね?!
2じゃないよね?そーだよねー!

ブレイクで2の方が入ってきたから
あれ?!2だっけ?!とか思っちゃったわ(・・;)

1と2の共演でした。
最高ですー!

なんか得した気分になった。



15.STEALTH ? 〜 HBB

ステルスめっちゃかっこよかったわー!!!
Diggyさんはもちろんなんだけど
特筆すべきはHiさんでしょう!!

HBBがどんどん進化してると言わざるを得ない!
彼はこれで稼いでいけるね、きっと。。

いやーめちゃめちゃかっこいいしすごいわ〜
素敵だわ〜


16.scribbles

の間もHiさんずっとHBB。
長い。大変だなぁーと思ってみてたけど
Hiさんの見せ場!

舞台の後ろが暗くてあんまりよく見えてなかったんだけど
後ろをスタッフがうろうろしている。
何してるんだろう・・・よく見えない

すると、ギターが出てきたのが見えた!





なんとバンドになるのですかー??!!!

あっ!だからシンノスケもテディも端っこにいたのか!←遅い


絶対バンドで来ると思ってたのに
4人しかいなかったから、アレ?と思ってたら
ここでバンドかー!にくいー!!

Hiさんの超絶HBBが披露される中、Diggyが出てきた。

暗くてよく見えないけどチェックのシャツにお召し替え。
Diggyがピアノを弾き始める準備をする。



17.VOODOO KINGDOM

このあたりだったかなー
なんか一瞬VOODOOのイントロの1音だけ鳴ったw


あ、次はVOODOOなのねと分かってしまったww

Diggyさんがピアノを弾き始め、
なんか弾いてるなーと思ったら
VOODOOイントロを弾き始めるDiggyさん。


そういえばなんでDiggyさんは最近急にピアノに力入れるようになったの??

前から弾いてはいたけど舞台でこんなに弾くイメージはなかったから初めて見た時はびびったわw

しかも上手いしなー
ジャズとか弾いちゃうしなー
うらやましい。



で、歌い始めたら舞台がぶわー!って
赤い光に包まれた。

で、サビに入る前のDiggyさんが一瞬こっちにマイク向けるところ、
客がイヤー!ってレスポンスするところで
ほんの一瞬だけ白になったんだっけか?

あれ?違う曲だったかな??

まーとりあえず客のレスポンスのところだけ光が変わったりしてて
なんか、あーSOUL'd OUTのことよく知ってる照明さんなんだなーとか
そんな当たり前のことに感動してみたり。

照明といえば、1曲目のユニソンからだったんだけど
観客側の照明が明るかったんだよー!

だいたいこっち側って暗いのに
フロアの照明が普通に付いてて
すごい違和感を覚えた。

だから前のモッシュがよく見えたし、後ろがガラ空きになった瞬間がよく見えたw

なんでああいう照明になったんだろう。
観客の顔が舞台からもよく見えるように、
とかだったら泣ける(ひどい妄想

そのまま2、3曲明るいままやったんだっけ??
さっぱり忘れた・・・(ひどい記憶力



18.1,000,000 MONSTERS ATTACK

ミリモンの時はDiggyの例の部分のときの動きに注目する。

エスオーじゃなきゃ
ワンミリオンモンスターズアタックのところ!!

ラストのDiggyさんのゼロゼロゼロもスムーズでしたよ(T ^ T)



19.Sticky69

隣の妹が狂喜乱舞スティッキー
いやーーほんとにTo Fromの曲最高だわー!

しかもバンド!
バンドで聴きたかったのよー!!
新宿での後悔もこれで報われるというもんです・・・
おかげさまでバッチリ楽しめました。

ただ、往年の曲よりもやっぱり周りの人達のノリはイマイチだったように感じる。



20.S.O Magic 2

2かぁ〜〜
わかってはいたんだけどさー!
私の愛するS.O Magicはやらないということですよね

まぁしゃーない・・・
一回くらい生でS.O Magicを聴きたかったもんだと(p_-)


S.O Magicといえば
私の過去に使っていたiPodの再生回数No.1曲。
ずーっとダントツの1番だった。

流れるようなフロウがどうのこうの・・・
とかマジで関係ない!
とにかくめっちゃめちゃ好きだった。

これもよく仕事場に向かう車で聴いてた。
嫌なことがあった時とかよく聴いてた。
で、なんかよくわからんけど
聴き終わったら元気出てた。

お世話になりました。


あれっ2の話じゃなかったww









何の曲かとかすっかり忘れたけど、
Diggyさんが弓を射る格好を2、3回やってた。
最初は真ん中の方でやってて、
それから下手の方でまたやってて
そっち側がちょい盛り上がってた。

あと曲と曲の間の無音の時に
ちょいちょいと後ろのメンバーに話し掛けてたっぽかったんだけど
ほとんどマイクは拾ってないから
ごにょごにょとしか聞こえなかった。
後ろ向いてるから表情もわかんない。

でも一回だけマイクを口元で持って
ハッキリと喋ったのが聞こえた。



英語で(°_°)

もーはっきりと英語の文章をお話になったんだけど
一語一句聞き取れなかったw
あれには後ろのメンバーも観客も誰も反応してなかったように思ったんだけど
何て言ったんだろう・・・

んーあとはねー
メンバーとの絡みはいつも以上になかったような気がする。
バンド紹介をしたのは覚えてるけど
SOメンバー紹介覚えてない・・・

したっけ?←

でもまぁ初めの方はちょいちょいDiggyさんがシンノスケの方に行ってしゃべってたかな?

なんやかんやで笑顔だったよ。
最初にDiggyが笑った時、なんかすごく安心した。

終わりに向かうに従って
曲と曲に間が出来るようになってきて
私の位置的にはDiggyさんしか見えなかったんだけど
後ろ向いてじっとしてることも多くなって
疲れとか、最後が近づくにつれての気持ちとか
なんか色んなものが透けて見えるようでした。



うぅ
今も聴いてるんだけど
もうこの音楽が更新されることなんてないという現実・・・



つーかなかなか終わらないレポw


続く。

| SOUL'd OUTライブ | comments(2) | - |
LAST LIVE “0 ” 2014/7/19 @新木場 STUDIO COAST ライブレポ2
続き。

ラストライブのセトリ順にプレイリスト作って再生中・・・
電車なのに涙でてきたw



3.TONGUE TE TONGUE

タンテ大好きだー!!最高に楽しい!
Diggyさんがいつも通りにグーを作ってる。
この、、グーを見るのも最後か。

Hiさんがグーを作って独特な縦振りしてるのを見るのも最後か。


全部の曲がもう最後!
と思って聴いている冷静な私がいる。

この辺りくらいからかな、
前のモッシュに耐えきれない人達が
ちょろちょろ後ろに出てきだした。

まー大変だよね、モッシュ。
全然ライブに集中できないし
もみくちゃ最悪だし汗だくだし
いつかの横浜のDiggyソロはひどかった。
私は大嫌いだ(*_*)

でもそんなことお構いなしに
タンテタン楽しむ。
この踊りを皆でするのも以下略



4.バナナスプリット

誰だ、バナナをライブでやるのは
Cruに評判良くないとか言ってる奴は!!
私は好きだぞおおー!!!

音楽的なことはよくわからないけど
当時のSOUL'd OUTの曲の中でも
ちょっと異質でマッドな感じがして
バナナスプリットはいいぞー!

この曲を聴きながら
よく前の仕事場に向かってたのを思い出す。
ALIVEのアルバムが大好きでずっと聴いてたなぁ・・・

仕事に対して特に思い入れも
がんばろう!って気持ちも何もなくてさ
モチベーションがどうとか
もう全然そういうレベルじゃなかった。

そんな時にずっと聴いて聴いて
朝の通勤でも聴いて、今日も仕事がんばって
また帰りに聴きながら帰ろうって思ってたんだった。


楽しい。
こんなに色々入ってて楽しい曲もあんまない。



5.Magenta Magenta

まじぇんたあああー(つД`)ノ
マジェンタはもう聴きすぎて聴きすぎて
PV観すぎて観すぎて
ハットかぶってるDiggyさんに恋しちゃったりなんかして
そういう意味で思い出深い!

なんでこのPVだけこんな力入ってんだろっていう謎は最後まで解けなかったなw


PVをしっかり作り込んでくれるっていうのはある意味とても嬉しいことです。

もちろん音楽ありきの二次的なアレかもしれんけど
売るためとかそういう意味じゃなくて
その曲の世界観だとかそういうのを、
ちゃんとしっかりリスナーに最も届けやすいツールであるじゃないですか!
もちろん人によって見方は違うから正しく伝わるかはわかんないよ。
でもいいPVを作るのってそういうことだよ!
私はマジェを聴いて、PVを観て、
この曲の世界がすごい広がった。
DiggyさんだってユニソンのPVの出来がすごいって言ってたじゃないですか。
SOの音楽は確かに世間的にはちょっとマニアックな部類かもしれんけど
本当のメッセージもコアなCruにしか
伝わりにくいかもしれんけど、
それでもほんとにいいと思うものは皆に伝われ!と私は思う。
だからこそだからこそ
Diggyさんは売上とかそういうの度外視な姿勢なのかもしれないけど
そういう意味でプロモーションはしっかりして欲しいと思う。
だってさ、ほんとに音楽がいいと思うから
身を削って音楽をしてるって感じが素晴らしいと思うからもっと色んな人にわかってもらいたい。
皆もっとわかって!!


だからもっとちゃんとプロモーションをしろおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!








は!

全然関係ないことで熱くなってしまった。
すぐに脱線する病気はなかなか治らない(ーー;)

そっち系のスタッフさん達、よろしくお願いしますよ・・・



6.HUNTER

シャガメくるかな!!!

私と妹の会話\(^o^)/


最後にしゃがませてくれるとは思っていましたが
やっぱり嬉しい。
Diggyさんが一周回っておもろいと思ってくれて良かったw

で、ついにその時が来た。

シャガメー!!
ってDiggyさんが言った途端、
前でぎゅうぎゅうだった人たちが
後ろに下がってきた。

ぎゅうぎゅう押し合いへし合い

しゃがめない

どんどん後ろにずれてくる

でも後ろの方もしゃがんでるもんだから
真ん中あたりの人たち、結局最後までしゃがめず事件が起こってました。

その一団を見てたけど
完全にお尻下ろす場所がなかったね。

Diggyがしゃがませようとするが
全員はしゃがめず。


Diggy「みんな会いたかったぜえー!
新木場SOCruでパンパンだぜー!」

とかなんとかそんなことをやっとしゃべった(T ^ T)
Diggyさんー!好きだーー!!


で、「まだまだぁーまだまだぁーw」
となかなか立たせてくれず。

そしたらまたハンターが流れ出して
Diggyさん、「ゆっくり立つ!!」って言った。

なんかこの、ゆっくり立つ!の言い方が可愛かったんだよな〜〜


Diggyさんー!好きだー!!



7.ルル・ベル

ルルベルは何故か聴くと安心する。
それ程に私の耳にこびりついてるわけですけども
なんてゆーかそれだけじゃない。
音楽的な何かかな?

って君にゆう〜♪
をDiggyさんと一緒に歌うのが毎回の楽しみ・・・だった・・・



8.and7

新宿3,2,1以降、復活後の音楽をエンドレスで聴きまくっていた甲斐がありましたよ!!
ただ、この曲は歌詞を見たことがないから
歌詞の意味がよくわからない←ダメ
あとで見とこう。



9.SOUL'd OUT is Comin'

ライブ前に会ったアッキーに、1曲目は何だと思います?と聞かれてから
この曲がオープニングでもいいなぁとか
ちょっと考えてました。
予想では本編ラストがDear My Cruで
アンコールラストがスタライだろう。

カミンで始まってDear My Cruで終わる・・・


おいおい淋しすぎやしないかそれは!!
ってことでこんな真ん中で
SO来ちゃったよ。

カミンに対してはそれほど思い出も
私にはないわけですけども
やっぱりかっこいいなぁ。
SOUL'd OUTがカミンするんですよ!!
わくわくするじゃないですか!

つーか初期のニオイぷんぷん、
だがそれがいい(^ω^)



10.Twilight Twilight

新しめのやつ来ましたねー!
こういう、Diggyさんが言うところのGOODソングは聴きやすい。

SO特有のあのマニアック路線爆発な曲がほんとに大好きだ。
てゆーかそういうのが好きだから
ハマってしまってCruになったと言ってもいいかもしれない。

でも私がSOUL'd OUTのソウルを1番感じるのは
実はこういう曲だったりする。

私がSOの好きな曲!って言って
挙げるのはこういった類の曲ではないけれど
それでもやっぱりこれがSOUL'd OUTでしょって思ったりする。
うーーん、なんて言うんだろうなーーー
うまく言えないけど、つまり





全部好きだってことだ←まとめた




3に続く。


| SOUL'd OUTライブ | comments(0) | - |
LAST LIVE “0 ” 2014/7/19 @新木場 STUDIO COAST ライブレポ1
15時開場のはずが、入場が始まったのは15時半すぎくらいでした。

結構さくさく入場が行われました。


ちなみに私がライブホールに入ったのは
諸事情によりライブ開始30秒前くらいw

1階に入ったんだけど、
新木場のホールは入口が片側にしかなく、
もう扉の結構真ん前まで人がいっぱいでした。

ちょっとだけ奥に進んで、舞台上手側の端の方の後ろーーーーの方に陣取る。

コーストに来たのは初めてだったので
舞台の高さもわかんないし、
もう全然見えなかったら
1曲だけここで聴いて、2階でモニター見よう、と妹と話していました。


で、私たちが落ち着いたら
早速イントロが流れ始めました。

いつも結構なんやかんやと話しながら
始まるのを待ってるイメージだったから
え?!もう始まるの?!状態。

まーもうすでに16時半くらいだったので
急いで始まった感は否めないかな。


このラストライブのためのインスト?が流れ始めて、
あーーーこれで最後!とドキドキ感が高まる。


1.UnIsong

もうはっきり言ってこの歌の時にこんなことしてたとかさっぱり覚えてないです。
ライブレポとは言えない代物(-_-)


オープニングが終わってからか、ユニソンのイントロあたりにかぶって
舞台の幕に3人の影が投影された。

あ、それからイントロだったかな?!
で幕がバサっと開いたら
えらいことが目の前で起こった。


3人はもう舞台にいたみたいで、
登場した瞬間に私たちの前くらいの列から
ものすごい勢いで中央に向けて
皆がダッシュ!!!

え?え?と言っている間に目の前で繰り広げられるエゲツないモッシュww

1階フロアに結構ぎゅうぎゅうにいた客が前に行ったもんだから
1階後方はガラガラにw

これはラッキー!!
とばかりに前に進んで、前の人とは適度に間隔を取り、舞台を見てみると
バッチリDiggyさんの上半身が見える!!

当初いたのは入口付近だった私達が
気が付いたら舞台の上手端にかかるくらいのところまで来てたwww

シンは上手の、いつもどおり一段高くに構えてたのでずっと見えてた。

Hiさんは下手にいそうだと思ったけど
まっッッったく確認できず。

テディはシンのさらに横、1番上手にいる様子。


この時、なんでこんなに2人共寄ってんだ?と思ったけど深くは考えられず。


それにしても、周りの人ともくっつかないし
でもやっぱり1階フロアということで
かなり盛り上がってるし
Diggyの上半身見えるしで奇跡が起きたかと思った!

Diggyは黒いジャケットに黒いシャツ?っぽいのを着てるっぽい。
シンの衣裳は覚えてない・・・

Hiさんは最初からこれだったのか全然わからんけど
黒いシャツに黒いネクタイしてた格好が印象的だったなぁ。
すげーかっこよかったわーーーー!!
なんて私の好き系!!
やっぱりHiさんのセンス好きだわ〜〜

肝心の歌は、普通にいつも通りに歌ってるように見えたけど
いつも通りな訳はないと思うんだけどね、、

で、ユニソン大好きだけど
やっぱりこの曲はもう生で聴くことは出来ないんだな、と思った。
一曲一曲噛み締めようと誓った。



2.TOKYO通信〜Urbs Communication〜

早速きたー!!
ちなみになんかユニソンの前?にT通のイントロが一瞬流れるという珍事が起こったらしいねw

その頃私はたぶん位置決めにウロウロしてたと思われるので聞いてない←ダメ

こないだのツアーの新宿の時は
3曲目がこれで、イントロで涙出てきたという私だったが
なんか今日は違う!!
もうこうなったらひたすらに楽しもうと思う!!!
幸い私の周りは大盛り上がりです!

ただ、ここで気付いた。

なんか・・・
目の前の3、4人が乗り切れてない。
初めてなんかな?
まーそんなんいいか!楽しもうよー!!

ってことでありったけ手を振る。

思い出す、DiggyさんがT通はすっごいいい出来だと言っていたことを。

私は特にT通との思い出はないけど←オイ
PVが好きだったよーー!!



ここまで書いて全く3人の様子に言及出来ない(-_-)
完全に私のレポになっとる。

うん、だって細かいとこまでは見えなかったんだ。
まー舞台上のことはDVDで確認しよう皆様!!


一旦あげる。
続く。
| SOUL'd OUTライブ | comments(2) | - |
SOUL'd OUT



SOUL'd OUTは永遠だーーー!!!
| SOUL'd OUTライブ | comments(2) | - |
SOUL'd OUT LIVE TOUR 2014 " 3, 2, 1 " @新宿BLAZE 6月3日 ライブレポ



もうね、奇跡としか・・・!


SOUL'd OUTのライブに行けたあああああーーーーーーーー!!!

セトリについては、、
私はもうさっぱりわからんかった。

というのも、、
最新アルバムを聴かずしての参戦、
それどころではなく、愛するDD弾やバナナ、A Spacious Floorのイントロを聴いても
あれ・・・?なんだっけこの曲状態のcru失格感。
私の残念感は半端なかった。


前回のライブ参戦が2010年年末。
復活ライブからの解散ライブってどんだけorz

とりあえず思ったこと、覚えてることを。


3曲目にやっと知ってる曲、Tokyo通信がきた。
あのイントロが流れて、Diggyがここで初めてなんか言った。

なんだっけな〜〜〜
ヘイ!SOcru!だっけな〜〜
SOcruとは言ってたんだけど言い回し忘れた。
なんかそんな感じのこっちに呼び掛け的なことを一言言った。

その時、
あーこういうの聞くの最後かもしれん
と思ったら急に涙出てきた。

私が今ここでこうやってライブに参戦してるのも東京に来て働いているからであり、
仕事サボって(コラ)ここにいるわけだがその仕事っていうのもSOUL'd OUTの曲聴いてがんばろうっていうか背中おされて就いた仕事だし、
仕事っていうのはやっぱり私にとってはとても大きな意味を持つものであって
生活のほぼ全てを捧げているものであって。
そんなこんなで私をこんなとこに連れてきたのは
SOUL'd OUTがいたからだったな

と、前で動くDiggyを見ながらぼんやり考えてた。

音楽ってすごい。
その影響力たるや役者の比ではないな、やっぱり。

ちくしょう、Diggyさんやっぱかっけーなー!
Diggyさんばっか目で追ってたなー私。

まぁ私の位置からはDiggyがよく見えてたという方が正しい。
真ん中〜ステージ上手しか見えなかったからHiさんはあんまり見えなかった。


その後は普通に合いの手入れたりしながらライブを満喫、途中ドリドラでも感極まってエヅく私。
(感極まると相変わらずえづく)

イルカの最後の方のDiggyさんの
「みんなの好きなやつでしょ?」には萌えたし
ポップン前のHBB中のHiの「そろそろ来い」はウケたw

もう解散だってのにやっぱりこの人達ほとんどしゃべらないな〜
まぁMCがあるとしたらラス曲前だな
と思っていたらやっぱりそうだった。

Diggyの一言目、
「SOUL'd OUT、12年目にしてラストアルバム、ラストツアー・・・」
と言った時の会場全体の気まずさったらなかったような気がした。
Diggyは未練があるんだろうと思っていたから、もう気の毒すぎてなんて声を掛ければいいものかという気持ちになった。
「東京でずっと活動してきたから、ラストツアーの初日をここで出来てよかったです」とか
「初日がいいライブになってよかった」とか
「毎回言ってることだけど、全公演全力でやっていく」とかそんなニュアンスのことを言ってた。
丁寧な言葉づかいで、私の知ってるぶっきらDiggyではなかった。
あんなちゃんとまとまっててきちんとした文章で話すDiggyさん、私は初めて生で見たかもしれん。

本当のcruのみんなに集まってもらって
最高のライブができてどうたらとか言ってたんだけど、
なんかその「本当のcru」というのに
ちょっとガツンときた。

やっぱり最後だって感じた。
たぶん最後じゃないとDiggyさんはそういう言い方はしない。

ラス曲のスタライのイントロにかぶってまで、みんなありがとう、ほんとありがとうって2回も言ったのが印象的だった。
もちろん私の涙腺はとっくに崩壊してます。

そしていつも通り、
ペイス!
で去って行った。


たぶんみんなそれぞれ活動はあるんだろうけど、やっぱSOUL'd OUTは特別だった。

辛いですなーーー(T ^ T)


ラストライブの新木場、行けるかなあ。。
| SOUL'd OUTライブ | comments(0) | - |
インストアライブ in タワレコNU茶屋町
Image0361.jpg

行ってきましたよDiggyさんインストアー!!

写真はライブ開始前に私のいた角度から。
なんかうまいことDVDのDiggyさん写り込んでるけど気にしないw


もう近いなんてもんじゃなかったですよ。

狭くて低いステージ、そこにギリギリで置かれた仕切り。
で、私は予定どおり最前列の端っこをゲット!

端っこだけどステージ自体が狭いからめっちゃ近いw


かしぴー・灰音さん・エコさんとの4人で行ったんですが
みんなでかたまって見れました\(^o^)/

リハーサルの時は後ろの方からしか見てなかったので
どんなんだったかわからないんですが、
ライブは予定通り3時ちょうどにDiggyさん舞台右後ろから登場。


うへー!近いわああああ!

と思ったのも事実だし、こんだけ近かったのは
これが1番でしたけど、今年は最前列で拝みすぎて
感動は少し薄かったかもしれません(~_~)慣れってこわい


ファッションはひたすら黒いw
でもジャケットのフードかなんかわからんけど裏地が明るい色のチェックだった。
それにしてもこのジャケット変わったフォルムだったなぁ・・・
ライダース(布だけど)みたいな前明きなのにでっかいフードみたいなのがついてるんやけど
このフードらしきもの、めっちゃ変な形してんの!
右半分がフードで左半分がでかい衿みたいな?
あーめっちゃジロジロ観察したのに全く形がわからなかったジャケットでした。

その下にさらにビニール素材の薄手の黒ブルゾン
その下に黒Tシャツかな?

いやいやいやこのクソ暑いのに明らかに着すぎダロwww
室内でジャケットの下にブルゾンてw
しかもジャケットからベロベロ色々出とる

パンツは黒ジーンズ、靴も黒スニーカー
靴下はやはり見えず。また象のキーホルダーつけてた。
あのじゃらじゃらの中に家の鍵とかついてんのかなw



あ!セトリ忘れましたよう(T_T)
5曲くらいだったような・・・

最初は確かサイケ。
あともう順番は覚えてないけど
ララファン・ベラドン・トミタモ・ベイサイドセレナーデ・ジュビズ(これラスト)

あれ、6曲だたw



西宮に行った方によると、そっちの方がニコニコしててご機嫌だったそうですね。
ラストのJUVESは大阪の方が爆発してたらしいです。



出て来てすぐにサイケがかかって歌開始。
真顔で出て来て真顔で歌うDiggyさん

昨日は機嫌よかったって聞いたけど
今日はそうでもなのかな・・・?と思ったら
間奏のところで後ろの自分が映ってるでかいモニターを振り返って、
ニヤーッと笑って、こっちには聞こえないくらいの声(口パクかも?)で

「おースゲーw」か「でけーw」みたいなことを嬉しそうな感じで言ってました
でもそこくらいかな、1曲目での笑顔は。


この次にすぐにメンバー紹介だったような気がする。
あれ?もう1曲挟んだっけ?記憶が前後してる可能性もあります。

で、まずDJの方をベラドンのイントロな感じでサラリと紹介。
若かったね。目の前にいたから目がめっちゃ合って気まずい気持ちになった・・・w

次にじゅんこーさん。
じゅんこーさんが一生懸命そのテクを披露してるっつーのに
Diggyさんその時何してたと思います?!




エレクトーンの横のヘリに後ろ向いてもたれかかって
ぐらんぐらんエレクトーンをニヤニヤしながら揺らしてたwww

じゅんこーが!!!じゅんこーが弾きにくいからあーっっ!!!!
と思いましたw


ベラドンのサビだったと思うんやけど
マイクをこっちに向けて、歌わせようとするDiggyさん。
歌う観客、にゃっにゃっにゃっにゃっとぅみとぅみっしか言えない私←

歌わせといて両手で耳を塞いで聴きたくないジェスチャーするDiggyさん 
しかも再びニヤニヤしながら。


そして曲と曲の間でタオルを投げるマネをして
キャッ!っつった観客を意地悪そうにニヤリと見て結局投げない鬼畜っぷり



いつか忘れたけどマイクスタンドを倒したんよね
バシーンとじゃなくてなんか優しく?

優しくってなんじゃw
でもこれもニヤニヤしながら倒してたなぁー



んでトミタモの時に自分の手首をマイクのコードでぐるぐる巻きに!
土曜日は首にまで巻いて、結局絡まってたらしいので
昨日は腕だけで止めたらしい


うんうん、マイブームなんだね(´v`)
でも学習したんだね(´v`)






www



総合的に大阪のDiggyさんのテーマはきっと「いたずらっこ」だ!!!
絶対そうだ、この挑発的なガキめー(`∀´)!


あ、倒したマイクスタンドはベイサイド?かなんかの時に
結構乱暴にステージの端っこに起こして、
それをじーっ見ながらしばし歌ってました


後に、
歌詞に出て来る女の人を意識してスタンドを見つめて歌ったのか
はたまた、客とあまりに近いからちょっとそっぽ向いてみたのかどっちだw
みたいな議論になったとかならなかったとか・・・



んで、最後のJUVESの前にコードを取り取りするDiggyさん。

その時観客が色々と叫んでたんですが
その中でも丸聞こえだったのが、男の声で

「Diggyーーー!!!俺達はここにいるぞうううううううう!!!」

っていうアピールwww2、3回叫んでたな。
笑う観客。こういうのが大阪っぽいよなぁー


めっちゃおもろいwwwと思ったけどDiggyさんこういうの好きじゃなさそう?
と思ってDiggyさんを見てたけどDiggyさんニヤリともせず(T_T)
ひょっとして怒った?怒った?
と思ったら「ラスト」って一言そっけなく言ってJUVESのイントロが・・・

怒ったんかなw


でもJUVESだけはなんかDiggyさんすんげー全力でした

野郎どもどうのこうの!!!(曖昧すぎる)

とか

これはお前らの歌だぞおおおおおお!!!わかってんのかーーー!!!

とかスコ叫びしてました


そうなんや、私らの歌なんや・・・!って
実は心の底からビックリしました(歌詞をきいてない不届き者


Diggyさんはサビとかもぴょんぴょん飛びまくってた(^o^)
スーパービーズじゃらじゃらねw

でもなんでもないところで
いきなり一回だけちょこんと飛んだことがありました

あの飛び方は、勢いで飛ぼうと思ったけど
あ、今飛ぶとこじゃねえやって気付いてやめようと思ったけど
勢い余って一回だけ微妙に飛んでしまったかのようでしたwww


この歌の時、めっちゃそばまで来たDiggyさんと近くで
ガッツリ目が合ったからいつもは顔反らしてたけど、
この日はなんか余裕があったからニヤリ(`ー´)と笑ってみたら

Diggyさんはサッと目を反らして当然のように去っていった・・・


わかってたよ結果は(´_`)

それにしても、こんなに好きな人の視界に景色としてでも
入れるなんてほんとに素敵なことだ





あー・・・
二宮くんの視界に入っry







急に話反れた。



で、JUVESで急にテンション上がったDiggyさんは
歌い終わったらマイクをガサツにペッと置いて
観客をチラリとも見ずに一言も発さず、ササササーと帰っていきました

いつもに増したあっさりした帰り方(T_T)



あとにアンコールのコールが起こったけど
司会の兄ちゃんが出て来て、PVが流れて記念カードが配られて終了しました。


あっPV!
確かにあれは全編観たらさすがに笑えはしなかったし
メットの下に被ってたのキャップじゃなかったね(*_*)
キャスケットだた。

でもなんか不自然な感じだなぁ・・・と思ったし
大好きなDiggyさんが撃たれすぎてて泣きそうになったw


帰りにびあるべーろさんと合流して喫茶店でおしゃべりした時、
何故不自然に感じたかちょこっとわかった気がしましたー(~_~)

ってかあの歌がなぜ通信兵を連想させたのかは
やはりイマイチわからず・・・


PVが終わった後に司会の人が
このPVは通信兵に扮したDiggyがどうのこうのって解説を始めたんやけど
この時、この人

「僕、Diggyってこういうことするイメージ全然なかったんですけど」

ってはっきり言ったwww
そっち側がそれを言っちゃーおしまいだよw



んでシングルを予約したらなんか告知ポスターくれるっつーから
予約して帰ってきました\(^o^)/

初めてシングル予約した←




こういう感じのインストアでした★
すごい楽しかったし、Diggyさんは相変わらず私の中で最強にかっこいい

この日はリアルに高校の時の先輩(ちょっとしたSOファン)が来てたらしいんですが
あんまりDiggyというものを生で見たことのなかったこの方の素直な感想は、

「コイツは人を完全にナメとるなwでもかっこええー!」

だったらしいw


私は灰音さんが言った、

「昨日もかっこよかったけど今日もかっこいーわー。
 きっと明日もかっこいいんやろなぁ」

がすげー印象的でした



あ・・・一緒に行った皆様、寝坊して遅刻してまじすいませんでした(*_*)

このメンツでライブに参加するのは、
ひょっとしたらしばらくないかもしれないけど
絶対また一緒に行ってくださいね(:∀;)ありがとうございました。
| SOUL'd OUTライブ | comments(6) | - |
Diggyさん@難波Hatch レポ1
前の記事にコメントありがとうございます!

そして返事が遅れておりますorzすいません
なかなか携帯やパソコンいじる時間が取れずー(T_T)

3、4日かけてチマチマ電車で書いたこのレポ、
先に終わらないと忘れるので先に更新してしまいますー(>_<)


つーかもう今日名古屋ライブだがん(`∀´)行けないけど




さて難波Hatchレポです

今回のこの難波、とてもたくさんの知り合いの方とお会いしました


総勢ーーー・・・
何人かわからないくらいw
まぁ15、6人という噂です
そのうち初対面だったのがアセさん・旦那様の住職さん、
アセさんのブロ友のユカさん・アツガリさんの4人だったかな

たぶん←多過ぎてわからない


そんなみなさまとあの空間でDiggyさん歌を楽しめたなんて
こんな最高なことが!あるのでしょうか!


ライブ、まずはうちの妹が仕事が長引いて、
会場イントゥに間に合うのか?!というヒヤヒヤ感を強烈に覚えてますw

でも結局余裕で間に合って、
とにかく番号続きで8人で並びました


うしゃしゃしゃ
絶対最前列取れる\(^o^)/
神チケットを取ってくれたエコさん・かしぴー・兄さんに多謝です!

会場に入ってーーーー


最前列左側ゲットー!!!
ここなら十分Diggyさんを堪能できる位置です

中央側から妹・私・兄さんで並んで、
他の5人は逆の右側をゲットしたそうです(^ω^)


難波Hatchは会場が広いので
開演まで1時間あります

普段なら首を長ーくして待つところですが
3人でそれぞれの思い出話に花が咲きまして。


しかもその内容が

「いかに痛いケガをしたことがあるか」


テンション上がったり下がったりな話題ですね(^ω^)

兄さんのドブ嵌まり事件は強烈だったなぁー・・・


そんな話を延々していたら
ホントにいつの間にかライトが消える時間に!!


会場から歓声が上がって
あの例のイントロが鳴り響きます

この曲は聴くの3回目ですが
いつ聴いてもすんごく不思議

誰が作ったんだ←Diggyさんだろ


私の右側の妹はひょっとしたらDiggyさんより
桜井ロックに会えるのが楽しみだったのではないだろうか
と思うくらい横でロックの衣裳が同じだ、若い、かわいい
とずっと言ってる


そしてNOSTALJANEのイントロが流れてDiggyさん登場です!

ぎゃー!!
いつ見てもかっけー!歩き方かっけー!


左隣りの兄さんは最近Diggyさんはご無沙汰だったらしく、
「ライブについていけないかもーDiggyモードにならないー(´Д`)」
と大層嘆いておられましたが
Diggyさんが出て来た瞬間に

「何?!あの人やっぱりめっちゃかっこいいいいいいいい!!」
とDiggy愛を再確認してましたw


さて、このNOSTALJANE、
妹と絶対にここだけは聞き逃すまい!!!
と全神経を傾けた部分があります

そのポイントは

たまねぎたまねぎ


わかりますでしょうかドコのことか!

開始40秒くらいのところの
いけてねぇなぁ いけてねぇヤツ

というところが確実に


「たまねぎたまねぎ」


に聞こえるのですw(゚o゚)wわーお



これを最初にかしぴーに言われたのですが
もう一回そう聞こえてしまたら
そう言ってるようにしか思えないというのが人間の聴覚マジック


このライブでもバッチリたまねぎたまねぎ聞こえた←

それを確認した瞬間、妹と目を合わせたことは
言うまでもない


肝心のDiggyさんはいつも通りの服装に
いつも通りのハイカットスニーカー(靴下見えない(-_-)

今回は舞台が高くて
私の目線がDiggyさんの靴あたりという感じだったし
照明もピカピカで
Diggyさんの目線はそばに来れば来るほど
帽子の影に隠れてあんまり確認できなかったんですけど


この曲の時だけは目が合ったー\(^o^)/と思う
で、私高松と同じハデなカチューシャを付けてたんやけど
もし覚えられてたら恥ずかしいと真剣に思った

嬉しいことなんだろうけどー!!
ちょっち気まずいので今度から別のものにしよう←

でも確実にこんなチンチクリンのこと
いちいち覚えてないに決まってるから悩む必要なんて皆無だよ私



次はZAZA

Diggyさんこの曲ほんとたまに作曲するよねw

んでね、なんか知りませんけどDiggyさん、
あらぬ方向をジーッと見てるんですよ・・・

Diggyさんから見てステージ右側をずーっと見てるんですよ・・・

それを見てる私も気になってDiggyさんの
見てる方向を見たんですよ



何もないんですよおおおおお!!!!
きゃーーー怪談!!






調子乗りすぎました

Diggyさんほんと何を見てたんだろうねー
このシーンはこの後もよくでてきます
同じところを見るんですよね

何をそんなに凝視してたんだろう



この曲が終わった後
なんかしゃべるかなーと思ったけど
特に話はせず、「CHALLENGER」とだけ言ったら

Diggyさんの後ろの特設の照明が
めっちゃくちゃ綺麗な青に光ったー!!

この演出にはお客様方も歓声を!


あーこの時もDiggyさんなんかしてたと思うのに
思い出せないーーーー(:Д;)

とりあえず今回は超細かいツッコミ入れたいところ
盛り沢山だったのですよ!

後ろの照明がきれかったことだけが印象に・・・



次あっあっあんちぇいーん\(^o^)/
UNCHAIN

いやー・・・この曲のサビ、サボりすぎでしょうDiggyさんwww
うちらずっとあっあっあーんっとか言ってたような気がw

うんうん、きっと次の曲のために力溜めとくんだね



UNCHAINが終わると
Diggyさんがおもむろに

「イケてるのレディを連れてきたぜ」

とかなんとか言うではないですか!


(゚∀゚)!!そうだ今日はLisaが来るんだったーーー!!←失念してた


Diggyさんがやたら巻き舌でLisaー!と叫びます

アッキーの言う通りRisaならアリと思うんです(笑)


そしたら下手からLisaの登場ですー!

いやービックリしたかわいすぎて!!!
動きや表情とかめちゃめちゃかわいいわー!!


出て来てすぐにDiggyと熱い握手を交わして
写真撮る時みたいに横並びにDiggyさんに肩を抱かれてポーズ

その時の黄色い(?)悲鳴が聞こえたのか
その後すぐに謝る仕草をするLisa



よし、許す!!!



というのは冗談で
仲良さそうな2人を見て私はすでにテンションがスコ上がり(`∀´)!

やっぱりフューチャリング曲はフューチャリングに限る!!
Diggyさん一人より何倍も楽しい!


DiggyさんはDiggyさんで超ニコニコしててねー
何回Lisaって言うんじゃいと心の中で
私がつっこむ程のご機嫌っぷり

私はスピーカーの真ん前に位置してたので
Lisaの声も全部ばっちりキャッチしました


曲の途中で
DiggyとLisaが揃って「おおさかーーー!!」
って叫んだところがあったんやけど
アレは打ち合わせしてたんだろうか

叫んだ後にDiggyさんがLisaの方を見て
なんか揃っちったwみたいな顔してたんだよね




とにかくこの曲でテンションが上がりきった私は
この後も筋肉痛になるくらい(縦に)暴れるのでした




続く
| SOUL'd OUTライブ | comments(2) | - |